クリスマスコース2017のこだわり

クリスマスコースのこだわり

①聖護院大根を前菜で使います

聖護院大根

湘南でこだわって野菜を作ってくれてる農家さんから

送ってもらいました

生で食べてもアクがなくて爽やかな甘みがあって美味しいです

これにイタリア産のキャビアをのせて食べていただくので

どの様に調理するか

いろいろ試行錯誤しました

その日は美食家のふじこちゃんがアルバイトでいたので

試食をしてもらいながら考えました

薄切りを生で、塩ゆでして

薄切りのゆでは半透明になって見た目がすごく綺麗で良いですが

せっかくの大根の甘みがわかりにくいので

少し厚めに1cmほどでしっかりゆでました

すると生の食感が無くなって柔らかくなり

それはそれでいいですがせっかくなのでもう少し固めにゆでてみました

すると美味しい!!でも厚みが少し気になるので

5mmの厚さで30秒ゆでたらすごくいい感じになりました

そしてゆでるお湯の塩加減を

塩なし、少し塩、少し塩に魚介のだし、強めの塩の4種類で

試しました

塩は強いと大根が繊細なので塩が立ってしまいました

ダシ入りは大根の風味も味も消してダシの味になってしまいました

少し塩はいい感じと思いましたが

塩なしと比べたら風味がわかりにくく塩味が残る感じがして

結局塩なしでゆでるのが一番大根の味が美味しく感じました

そして

キャビアの塩味もあるので

厚さは5mm塩なしで30秒ゆでることにしました

聖護院大根本当に美味しいです

スライスして生で食べるのもとっても美味しいので

クリスマスのあとにはおすすめメニューでおだしする予定です

 

②コテキーノとレンズ豆

イタリアでクリスマスから年末年始に食べる料理です

コテキーノは豚のボイルサラミ

レンズ豆はコインの形に見立てて食べるとお金が貯まる縁起物

コテキーノはコラーゲンたっぷりの濃厚な味わいで

レンズ豆のパサッと感と絶妙に合います

微発泡白ワイン「フリッツァンテ」と一緒に食べたら最高です

コテキーノ

③天使の海老と白身魚のズッパディペッシェ(トマトスープ仕立て)

ズッパとはイタリア語でスープのこと

ペッシェは魚の事で

スッパディペッシェは魚介のスープの意味です

今回はスープを濃厚にして

海老や魚よりスープを楽しんでいただきたいので

濃厚なスープを作ってます

野菜たっぷりオマール海老たっぷりでダシを作ってます

とろ~~と濃厚な海老の味がギッシリ詰まったスープとお楽しみください

 

まだまだこだわりがあります

お楽しみに!!!